sioux_pu’s diary

現像ソフトも編集ソフトもない撮ってだしです。

CONTAX RTS

 ヤフオクを徘徊していたところ、お値打ちなヤシコンPlanar 50mm f1.4(純正フード付き)があったので、締め切り直前に入札したところ、落札できてしまった。 おまけでコンタックスRTS&リアルタイムワインダーがついてくるとのこと。
 RTSはきちんと動作する個体が少なくなっているらしいので、オブジェになればいいや、と思っていたのだが、実際に届いたものは、モルトは劣化しているものの、ファインダー、シャッター問題なし、ミラーずれなし、バッテリー確認ランプも点灯するという完動品だった。(ワインダーの動作確認は未了です。)
 RTSのテイストは、よし悪しは別にして唯一無二。巻き上げれば、

「レリ−ズにちょっと触れただけで、シャッターが切れてしまうというサディスティックな感触」

は、ほかのカメラでは味わえない(と、高校生のときに同級生のRTSを触らせてもらったときに思ったのだった)。
 CANONのA-1やAE-1Nikon F2と違って、ミノルタXDとCONTAX RTSは、なぜか、妙にジェラシーを感じるカメラだった。
 自分の所有物なので、遠慮会釈なくシャッターを切ってみたいのだが、ミラーショック用のモルトも死んでいるので自重。大切に扱わないと、RTSが死んでしまうかもしれない。
 名古屋市に、RTSの貼り替えモルトを販売している業者さんがあったので発注してみた。人生浮き沈み。