酔頭禿筆日記 sioux_pu’s diary

現像ソフトも編集ソフトもない撮ってだしです。というのもどうかな、と最近思っています。

FOCAFLEXⅡ TELEOPLEX f=9cm 1/4 & AGFA vista plus 400

トリプレットで盛り上がっていた件はさておき、ヤフオクにてFOKAFLEXの9cmを入手したのでご報告。

富士フイルム記録用100をつかいきったのと、冬に向かう弱い光を考えてISO(ASAといいたい)400の手持ちがあったAGFAの400で試写してきました。

FOCAFLEXを使ううえでの注意点は、フィルムをしっかりと完全に巻き上げること。完全に巻き上げていなくてもシャッターが切れてしまうのが落とし穴で、巻き上げきっていない状態でシャッターを切ると、そこから巻き上げレバーがびくとも動かなくなってしまう。そうなったら裏蓋をはずしてフィルム送りの軸を手で回して送るしかない。撮影途中でやらかすと、装填中のフィルムはそこで終了、あきらめて巻き戻すしかなくなるの。

FOCAFLEXⅡはシャッタースピードが1/300までしかないため、この時期でもかなり絞って撮ることになりましたが、それでもだいぶオーバー目となりました。

AGFA vista plus 400、ラチチュードが若干狭いのか、あとからレベル調整をしてもそれほど色再現の変化は表れなかったので、今回画質調整をしたのはお堀からの名古屋城くらいです。

f:id:sioux_pu:20181125154845j:plain

4群4枚のエルノスター型、コーティングはうっすらとパープル系。

f:id:sioux_pu:20181125155127j:plain

f:id:sioux_pu:20181125155149j:plain

f:id:sioux_pu:20181125155221j:plain

歩道橋の下でも場所が空けば木は生える。

f:id:sioux_pu:20181125155436j:plain

上の写真はGIMPで若干手を入れたので、実際より多少は彩りゆたかに見えるかもしれない。

f:id:sioux_pu:20181125155640j:plain

f:id:sioux_pu:20181125155703j:plain

f:id:sioux_pu:20181125155738j:plain

f:id:sioux_pu:20181125155759j:plain

人気のない初秋のパリです。

f:id:sioux_pu:20181125155905j:plain

いや、名古屋の秋ですね。

f:id:sioux_pu:20181125160306j:plain

f:id:sioux_pu:20181125160334j:plain

f:id:sioux_pu:20181125160425j:plain

今回はレンズのポテンシャルを引き出せなかった感が強く、残念でした。ただ、かなり乾いた画が撮れるレンズではないかと感じました。

昼間に撮るのであれば、ISO100で絞りを開けて撮るのも手ですが、とにかくピント合わせがむずかしい(目が悪いんだよ)ので考えどころです。