酔頭禿筆日記 sioux_pu’s diary

現像ソフトも編集ソフトもない撮ってだしです。というのもどうかな、と最近思っています。

あばばさんのSEM本を買ったはなし

そもそも、フランスのカメラ/レンズを使ってみたいと思ったはじまりは、

にゃんぶろさんの記事を見てからでした。

ヤフオクにてFOCAFLEXⅡ、さらに90㎜を入手できたのは僥倖ですよね。

sioux-pu.hatenablog.com

sioux-pu.hatenablog.com

そのにゃんぶろさんがSEMFLEXの本を出版、コミケで販売するとのことで、これは入手せねば、と思ったのですが、コミケに出かける余裕はないわけです。

ところが、「メロンブックス」というかなり特殊な書店で取り扱いがあるとのこと。

通販で購入しようとも思いましたが、送料がばかばかしいので在庫有のリアル店舗名古屋店で購入することにしました。

お店について感じたのは、とにかく出入り口が狭い。万引き対策なのかな?などと思いながら店舗の中に入ったのですががが。。。

まあ、本屋さん的な店なのですが、全方位からエロの一斉攻撃というかつてない経験で、ちょっとびっくりしました。

きょうびの若者は、これほどまでにエロを求めているのか...知らんけど。とりあえず、わたくしのような定年間近な57歳の真面目に勤めてきたサラリーマンとはかなり遠い世界ですよね。

一般同人という棚を2周したのだけれど当該の書籍を見つけられず(カメラバカにつける薬はあった)、店員さんにWEBページを見せて探してもらったところ、なんか引き出しの奥にあったわけです。

まあたしかに、指名買いのお客しか買わないだろう本で棚のスペースを潰すのは資本主義的ではないな、などと納得。

とにかく入手できたあばばさんのSEM本、内容については待て次回!サイボーグクロちゃん

 

Meopta Optineta をフジフイルム記録用ISO100で試写しました

8月3日、「あいちトリエンナーレ」の「表現の不自由展・その後」が見られなくなっちゃうかも、ってことでOptinetaの試写もかねて出かけたのだけれど、パンフレットの字が小さくて展示場所よくわからず、順路通りに律義に歩ってもういい加減疲れたところでやっと会場についたのだが、待機列1時間(30分でしたすみません)待ちとのことで、あきらめて帰ってきてしまった。はじめから会場の係員に問い合わせしろや。
で、Optinetaのほうですが、本機巻き上げがすっごく固くてコマ送りがちゃんとしているのか不安だったのと、前玉回転式なのでそれほど期待していなかったのだが、舐めていましたごめんなさい。
だいたいSS1/200のf8かf11で撮っています。
f:id:sioux_pu:20190813153457j:plain
オアシス21でなんかやってた。不思議な人がたくさんいた。
f:id:sioux_pu:20190813153717j:plain
明るいところも暗いところもなかなかしっかり写る。
f:id:sioux_pu:20190813153849j:plain
逆光でもわりとへーき。
f:id:sioux_pu:20190813154003j:plain
金属やガラスの質感がよく出ている。解像感もある。
きょうは残ったフィルムを近所で撮ってきた。現像とデータ化は、パレットプラザ高畑店さん。徒歩圏内にフィルム現像をしてくれるお店があるのはありがたいことじゃ。
f:id:sioux_pu:20190813154552j:plain
日陰だったのでためしに開放f3.5の1/400。ボケかたもきれい。
f:id:sioux_pu:20190813154850j:plain
無限遠もシャープに写る。オーバー目だったのでちょっと色味が薄いか、それとも標識が日焼けしてしまっているのか。
f:id:sioux_pu:20190813154930j:plain
最短は1メートル。目測だから十分ですね。
f:id:sioux_pu:20190813155143j:plain
露出がそこそこきていれば、赤もしっかり出るようでさ。
f:id:sioux_pu:20190813155357j:plain
関西本線ワイドビュー南紀かな。なぜか色味が渋い。
f:id:sioux_pu:20190813155901j:plain
ミリタリーグリーンの貼革がかっこいい、メオプタのBelarはやっぱりイイぜ(語彙力)という回でした。

SEM Kim & フジ記録用100

6月は気管支炎にかかってほぼ外出できなかった、わりと調子が良くなってきたので撮影に出かけたのだけれど、7月ですからね、かるい熱中症になる。

SEM KimのCrossレンズはアンジェニュー製らしいのだけれど、ハロがすごい。ネガフィルムでも若干アンダーめに撮ったほうが良いかも。

近・中距離でポートレートなどを撮影すると甘い描写が活きるだろうとおもう。

f:id:sioux_pu:20190707190451j:plain

f:id:sioux_pu:20190707185128j:plain

 

f:id:sioux_pu:20190707185222j:plain

f:id:sioux_pu:20190707185328j:plain

f:id:sioux_pu:20190707185347j:plain

f:id:sioux_pu:20190707185414j:plain

f:id:sioux_pu:20190707185445j:plain

f:id:sioux_pu:20190707185514j:plain

 

本にあたったはなし

f:id:sioux_pu:20190608121500j:plain

RE Auto-Topcor 1:1.8 f=5.8cm α7

REオートトプコールはいいよ。f1.8のほうなら安いし。

 先日6月6日といえば当然6×6の日で、たまたまマンションの配水管点検立ち合いの日でもあったので有給休暇を取得したのだった。

 点検も無事終わってどのカメラを持ち出そうかと考えようとしたのだけれど、まったく考えが纏まらない。それどころか、「わざわざ金かけてクソ写真を量産してもしょうがねぇだろ」という謎のネガティブ思考まっとうな意見が湧いてくる。

 おまけに翌日会社を休む口実ばかり考えている。ひょっとしてメンタルダメなシーズンが始まったかも、などと思い、外出はあきらめて部屋で過ごすことにした。

 ヘニング・マンケルの『イタリアンシューズ』に、社会になじめない移民の子どもたちを預かる女性が登場していた。先月はそのへんつながりで同じスウェーデンのミステリ『地下道の少女』(アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム ハヤカワミステリ文庫)を読んだ。地下道の子どもといえば、ブカレストの「チャウシェスクの子供たち」を連想するが、舞台はストックホルムだし、と思いきや「チャウシェスクの子供たち」も主要な事件二つのうちのひとつの被害者として登場する。

 内容は、福祉国家スウェーデンには存在しないとされている地下道に居住するホームレスを扱ったもので、現在を描く章と、事件発生時点である53時間前から時間を追って捜査を描く章が交互に置かれ、ほぼほぼ一気に読まされたのだけれど、

(以下若干ネタバレ)

作品の最後にはかなりのどんでん返しが用意されており、しかも作中の事件には一切解決が与えられず、登場人物たちの苦悩だけが読者に残され、それでも作品は完全に完結しているという「何を言っているのか わからねーと思うが」控えめに言って傑作だった。ただ、まったく救いのない作であるぶん、精神にまあまあダメージが残っているということにこのとき気付けばよかったのだが。

 並行して読んでいたのが『どこに転がっていくの、林檎ちゃん』(レオ・ペルッツ ちくま文庫)。ペルッツは最初に読んだのが『ボリバル侯爵』なので、シュールリアリスムとか幻想小説的な印象を持っていたのだが、こちらはロシア内戦下での追跡劇で、ロシア内戦はネットを漁ってもあまり詳しい記事が見つからないのでその面から読んでも面白かった。その辺の感想はまたべつに書いてみたいけれどもさていかに。結末の主人公ヴィトーリンのこころには安息があるので、救いがあるといえばある作品なのだが、読者に残るのは安息よりも切なさだろう。そういや『アンチクリストの誕生』ではチェーカーと表記されていたのに、こちらではチェカと変更されているのはなぜか。うちにはインダスター22とオリオン15とジュピター12があるがFEDはない。

 追跡劇つながりで、いま続けて読んでいるのが『カチアートを追跡して』(ティム・オブライエン 新潮文庫)。品切れなのか絶版なのか不明だが、密林のマケプレでたまたま1,000円で出ていたので入手。

 これはやめとけばよかった。20年ほど前にティム・オブライエンをまとめて読んだとき、この作がいちばん面白かった記憶があったのだけれど、30代と50代終わりでは精神の強度がちがうのだった。いくらファンタジー味があるといっても、上記2作を読んだところに、ベトナム戦争を舞台にした作を読むんじゃなかった。

 

 ひどい時期だった。八月の初めにはベン・ナイストロムがいきなりひざを折って泣き出し始めた。いっこうに泣き止まなかった。径の上に殆ど仰向きになってしまい、首を振って泣いていた。全身から力が抜けているようだった。ドクが手を貸してようやく立ち上がらせたものの、泣き声は止まなかった。

 その後、ますます殺気を孕むようになってきた午後のバスケットボールの後で、スティンク・ハリスとバーニー・リンが本気の喧嘩を始めた。 (179ページ) 

  このあとの喧嘩の描写がひどくて、気の弱いおじいちゃんには刺激が強すぎたのね。

 

 そんなわけで、おなかが食べ物にあたるように、気持ちが本にあたったようになっていた。

 きのう7日は6×7の日だったけれども、67のカメラは持っていないのでカメラではなく川上弘美先生(年長者は先生)の『ゆっくりさよならをとなえる』を持って出勤し、帰宅の地下鉄でリハビリをした。おなじ車両にどうもコンサート帰りらしい2人組のお姉さまが大きな声でたいへん楽しそうに話をされておられた。とんかつ屋さんの話題が出ていたが、店の名前は失念。やや回復感あり。

 スーパーでそら豆の塩ゆでと、キムチ鍋にしようと加熱用のむきホタテ、それから金宮25度に割り用のトマトジュースを買って帰った。

 とうぜん今日は二日酔いで頭が痛いけれども、洗濯をしながら堀江敏之(年下は呼び捨て)さんの『一階でも二階でもない夜』をつまみ読みしたりしたのでした。

f:id:sioux_pu:20190608143839j:plain

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 α7

SWHはVer.1です。 

超広角15mmがじつに手強かった件

 昨年暮れに黒色中国さんの

世界最高の「フルサイズミラーレスカメラ」を買いました! - 黒色中国BLOG

を読んで、ベッサL良さそうだなぁと思っていたところ、年明けにヤフオクでほとんど使用感のない、銀のベッサL+スーパーワイドヘリアー15mm+ケース(3点とも元箱付き)が出品されていてためしにスタート価格で入札してみたらそのまま競合なしで落札してしまった。

 なかなか使いどころが見つからず持ち出せなかったのだけれども、ようやくこの連休で試写して見ました。ものの、超広角15mmを舐めていましたね、難しいかったです。

 おまけにフィルムのローディングに失敗して、一部コマかぶりが発生という惨憺たる結果となりました。

f:id:sioux_pu:20190505184818j:plain

西本願寺名古屋別院

f:id:sioux_pu:20190505185041j:plain

日置神社

 広い、ひろすぎる...

f:id:sioux_pu:20190505185144j:plain

東本願寺名古屋別院

 上下の写真を比較すると、すこしでもあおったらダメだってことですね。画面中央に地平線を置けば、歪まないレンズだということか。

 西別院と比較して東別院が広大なのは、名古屋は尾張徳川家の所領だったからなんでしょうか。

 以上は4/28に撮ったもの、以下5/4に新栄から鶴舞あたり。

f:id:sioux_pu:20190505190147j:plain

 縦位置だとほとんど頭の上が撮れる。

f:id:sioux_pu:20190505190329j:plain

 ゆびかなんかはいってるし

f:id:sioux_pu:20190505190422j:plain

 旧車のレストアをしているくるまやさんらしい。

 露出計の精度はあっているようだ(慰)。