sioux_pu’s diary

現像ソフトも編集ソフトもない撮ってだしです。

Elmar 5cm 1:3,5 & α7

今日の午前は、ディケンズの『大いなる遺産』デヴィッド・リーン版を見て過ごしたのだった。「アカデミー賞ベスト100選 怒りの葡萄」という1,000円くらいのBOXセットの中の1枚。

デヴィッド・リーン版の「大いなる遺産」は、原作の時代がよく再現されているのか、カリカチャライズ具合がほどよいのか、原作を読んだ後でも違和感なく見ることができる。いやいや、ほんと、こんな時代にうまれなくてよかった。

※当該BOXセットはアマゾンで1000円くらい、作品によって画質にずいぶん違いがあって、「ガス燈」はたいへん画質が良く、モノクロであっても衣装の豪華さを見て取れる。一方、「大いなる遺産」は、なんとかみられる程度。

しかし、1000円そこそこですから。

それはさておき。ライカのエルマーです。5cmです。

f:id:sioux_pu:20180924164858j:plain

秋咲きのマンサク?この木は春にも咲いていたような気がするんだが...

f:id:sioux_pu:20180924165239j:plain

ハナミズキの実が色付いて来た。背景のボケの落ち着き具合。

f:id:sioux_pu:20180924165328j:plain

f:id:sioux_pu:20180924165922j:plain

エノコログサを開放で。

背景がざわつかないところがダブルガウスとの違いか?。

f:id:sioux_pu:20180924170243j:plain

f:id:sioux_pu:20180924170947j:plain

エルマーはとにかくそつのない写り。ボケはきれいだし、開放でも絞っても間違いなく写る。

このレンズはシリアルによると1949年の製品、f22まで絞れるエルマーなので、いわゆる「赤エルマー」とおなじだってはなしもあるようだがどうなんだろう。

f:id:sioux_pu:20180924172704j:plain

ゼフィランサスコウ・ウラキ

「0083」でジオンに肩入れしてしまうのは人情。

画像を編集することについて

 6月9日に「6×9の日だゼ」とFUJI GW690を持ち出したのだが、露出アンダーだったのであいまいな感じだった写真を、GIMPで画像調整をしてみたらどうなのだろうか。

 フィルム写真でもプリントの際に焼きをコントロールするのは普通の話なので、デジタルデータを調整することにより、ネガの持っている情報をちゃんと表現してあげるのもあながち間違ったことではないのかもしれない...

 以下は、いずれも調整したのはレベルのみ。

 料亭の壁の赤、窓にかかったすだれ、泰山木の花と葉に透けるひかり。背景のビルの初夏らしい色合いが現れた。

f:id:sioux_pu:20180609162549j:plain

f:id:sioux_pu:20180906211943j:plain

 「ボーっと生きてんじゃねーよ!」みたいな写真だったのが、がんばって光を受けようと顔を出した紫陽花の花、っていうその場の印象が再現できちゃいました。

f:id:sioux_pu:20180609162145j:plain

f:id:sioux_pu:20180906213139j:plain

 丸の内の郵便ポスト、その周辺に咲くアジサイ。なかなか強い色合いだったのを再現できなかったのだが、かなり印象どおりに調整できた。歩道の上の影と日のコントラスト、左奥のビニール傘のまぶしい反射を撮りたかった。
f:id:sioux_pu:20180609162723j:plain

f:id:sioux_pu:20180906212200j:plain

 フィルムの中に、これだけ情報がある訳なので「撮って出し」とかいって画像調整しないのは、それはそれでまちがっているのかもしれない。

 かつて書いていた「はてなダイアリー」の記事のインポートが完了していました。

 はてなダイアリー時代は、真面目にいろいろなことについて考えつつ積極的に言及していたな、と思う。近頃は、写真をアップできれば満足。

 この際、もうすこし考慮したうえでなにか書いてみたい…のだが、なにぶんあたまがわるくてな。

 今日は、 キヤノンのFL50mmF1.4とα7の写真を再掲しました。

 ピント面にある百日草は鮮やかでシャープ、後ボケのはげしくめまい感のするボケぐあいとの対比は、他に類をみない…と思うんですが、如何でしょう。

 

f:id:sioux_pu:20161030135836j:plain

 

熱暴走を恐れながら Canon 135mm 1:3.5(L) & α7 で近所の百日紅など

今月は幸いに仕事量が満載であり昨土曜日も休日出勤をしたのだが、常用してゐる血圧を下げる薬が切れて居る為、出勤の前に掛かり付けの医院に寄らねばならなかつた。

八時十二分にWEB予約、だが概に二十四番目。此の所土曜は随分と混むやうだ。

一通り問診の後、調子は如何かと問われた所、試みに「アルコール依存による鬱が酷いやうです、殊に午前中」等と話す。左程有用な助言は得られず。然し若干の精神的瓦斯抜は出来たかと思はれる。

本日は起床の後、兎も角衣類の洗濯だけは済ませ、アジア大会女子マラソンを観戦後、近隣の総合食料品店にて朝食用の麺麭其の他を購入する序に近所の街路樹の様子を伺つて散策した。

ハナミズキの実が僅かに色付いて居つたのと、咲き残るランタナの花、八月末とは思へない濃青の空を背景とした百日紅の鮮やかさには撮影すべき価値有と見た。

本日の鏡玉は、夏の名残たる強烈な光を表現すべく、絞り形状に寄り金平糖暈けを得らるるキヤノンのLマウント135粍1:3.5を選択。

以下に示すは、外気温は摂氏三十五度を越ゆるとの気象情報の下、α7の熱に因る暴走を恐れつつ僅かな時間内に撮影した成果で有る。

f:id:sioux_pu:20180826131946j:plain

金平糖暈けは、f値8と11の間、背景に点光源の有る際に発生する。

f:id:sioux_pu:20180826132846j:plain

f:id:sioux_pu:20180826132225j:plain

f:id:sioux_pu:20180826132430j:plain

f:id:sioux_pu:20180826132713j:plain

f:id:sioux_pu:20180826133158j:plain

f:id:sioux_pu:20180826133629j:plain