sioux_pu’s diary

現像ソフトも編集ソフトもない撮ってだしです。

OLYMPUS-PEN-EE / フジカラー100

ジャンクBOX中、最もきれいなオリンパスPEN-EE、ためしに1本撮ってみました。

ハーフサイズ、28㎜f3.5、フォーカス固定(3Mから4Mくらいらしい、きちんと調べていない)、セレン露出計によるシャッタースピード優先、露出が合わないときはファインダー下部に赤い表示が出てシャッターが切れない(物理的にファインダー内に赤いプラスチック製らしいプレートがにゅっと伸びてくる)。という、いさぎよく且つすごくキュートなカメラ。

1961年発売、高校の修学旅行に行くと、クラスの半分くらいがこれを持ってきていたとかいう話もあるそうな。

f:id:sioux_pu:20161101204557j:plain

周辺光量落ちか。トイカメラ的な発色。

f:id:sioux_pu:20161101205022j:plain

f:id:sioux_pu:20161101205128j:plain

沈丁花のオレンジや古いモルタルはなかなか良い感じ。

f:id:sioux_pu:20161101205404j:plain

非常口?

壁面のグレーの微妙な違いはうまく出ているのではないだろうか。

f:id:sioux_pu:20161101205532j:plain

TAKENAKAのロゴが読めるので、解像はまあまあ。

f:id:sioux_pu:20161101205801j:plain

曇天ではモノクロ写真に一部着色したような奇妙な仕上がり。

f:id:sioux_pu:20161101210038j:plain

晴天の順光ならまずまずの深い藍色。逆光だとハロハロで厳しかった。

グレー調の写真を見ると、モノクロフィルムのほうがいい感じに仕上がるのかなと思いますが、ときとして、ほかのカメラでは再現できない色調の写真が撮れることがあるようです。

CANON FL 50mm1:1.4Ⅱ& α7

α7に付けて部屋の中でファインダーを見たときに「お...あれ?」と感じたのですが...

ボケがとろっとろ。

f:id:sioux_pu:20161030134123j:plain

f:id:sioux_pu:20161030134306j:plain

ボケがふわふわで柔らかく、バブルボケ。

f:id:sioux_pu:20161030135836j:plain

f:id:sioux_pu:20161030134721j:plain

もう一丁

f:id:sioux_pu:20161030141100j:plain

前も後ろも幻想的。

 

TOPCON RE-2 RE.AUTO-TOPCOR 1:1.8 f=5.8cm

先週の土曜日、イエネコカメラさんに整備をお願いしていたTOPCON RE-2とRE.AUTO-TOPCOR 1:1.8 f=5.8cm、作業完了とのことで引き取ってきました。

ほこりが多くて少しカビっぽかったファインダーはすっきり見える。

ペンタプリズムカバーの頂点が水平なTOPCONてすてき。

 

本体のモルト貼り替え、カビ・クモリのレンズもきれいになり、油で動かなかった絞り羽根も快調に。

CANON FL 50mm f1.4(デジタルで運用の予定)と、どちらを先に写してみるのか、悩ましいところです。

f:id:sioux_pu:20161029203848j:plain

 

トリウムレンズ

お題「カメラ」

先日のジャンクBOXに含まれていたCanon FL 50mm f1.8。

調べてみると前期型(Ⅰ)と後期型(Ⅱ)があり、前期型は前玉にトリウムレンズを使用しているとのこと。

うちの50mm f1.8はA/Mスイッチのない前期型。たしかにレンズが黄色っぽい。

 

ということで、我が家のトリウムレンズは入手順に

MC W-Rokkor 28mm F2.5

Super Takumar 50mm f1.4

Canon FL 50mm f1.8 

の3本になった模様。ちょっとしたトリウムレンズ祭。

病糟糠に入る

お題「カメラ」

病糟糠に入る。

ヤフオクでジャンク一山を購入。

 

びっくりするほどきたないカメラも入っていたものの、使えそうなのは

TOPCON RE-2(シャッター好調 )& TOPCOR 58mmf1.8(絞り羽根粘り、カビあり)

FUJIKA ST605 & FUJINON 55mmf2.2

Super Takumar 50mm f1.4(トリウムレンズでまっ黄色)

Super Takumar 135mm f3.5(美品)

Canon FTql &FL 50mm f1.4(でかくて重い)

OLIMPAS PEN-EE(かなりの美品、赤ベロOK)

それから、Canon FL 50mm f1.8も使えるかも。

 

TOPCON RE-2&TOPCORはイエネコカメラさんに整備をお願いしてきました。

若いご店主ですな。

 

それはそれとして、このまえの日曜、名駅で撮ったORION15&α7。

f:id:sioux_pu:20161015120200j:plain

逆光は勝利

 

Rolleicord Ⅴ Xenar1:3,5/75 FUJICOLOR PRO160

ヤフオクでRolleicordを落札してしまった。LVとかフラッシュ選択とかで判断するとⅤなのだがしかし。

RolleicordはⅤ型からテイクレンズの絞り羽根が5枚になったところが評判が悪いのだけれど、うちに来た個体の絞り羽根は10枚の円型絞りだった。

シリアル(15006XX)だからごく初期の製品なので、ⅳ用で手配したレンズ部分ををそのまま使ったんだろうか。

f:id:sioux_pu:20161015154423j:plain

普通によく写る。

1950年代の製品だからちゃんと写ってあたり前なのだが、バルナックライカと比較すると撮影まで極めて手がかかるので、きちんと撮れているのか不安になる。

プロミネントが使いやすいと思えたりするほど。

f:id:sioux_pu:20161015154507j:plain

f:id:sioux_pu:20161015154602j:plain

f:id:sioux_pu:20161015154709j:plain

草木の緑色が好ましい。

f:id:sioux_pu:20161015154756j:plain

f:id:sioux_pu:20161015161935j:plain

近接のピント合わせは難しい。前ピンぽい。

眼鏡をはずしてルーペを出してピントを合わせてルーペを戻して構図を確認してシャッターチャージをして、ようやくシャッターを切れる。

しかもフィルム1本で12枚しか撮れず、現像してくれるお店まで地下鉄に乗って行かなければならない。

フィルム代から交通費(通勤用定期使ってるからほんとは払ってないけど)まで入れると、3,600円くらいかかる。費用対効果ということばとは全く無縁な、奇妙な体験。

 

10月も半ばになって、百日紅の花は終わっていた。

芙蓉は木によって開花時期がいろいろなのでまだ見られそう。初夏から咲いているランタナの花も、もうしばらく続く様子。

Summitar f=5cm 1:2 LeicaⅢb / フジカラー100

2002年頃にヤフオクで大阪の方から購入したライカⅢb。たしか、近鉄百貨店の中のカメラ屋さんでメインテナンスした整備票がついていて、「シャッター速度良好、2重像薄い」という記述があったような記憶がある。

Summitarはどこで手に入れたのかあまり記憶がない。コメ兵だったか?

当時はクラカメブームの最中で、カメラもレンズも高価、購入できるライカレンズは、Summitarくらいしかなかった。

ともかくⅢbを全然使っていなかったのでSummitarを付けてフジカラー100を詰めてご近所散歩です。

f:id:sioux_pu:20161002175848j:plain

土壁木造アパートの解体。

f:id:sioux_pu:20161002180201j:plain

f:id:sioux_pu:20161002180330j:plain

ボケはきれいな様子。

f:id:sioux_pu:20161002180656j:plain

人を怖がらないけれども、このやせかたは野良でしょう。

f:id:sioux_pu:20161002180911j:plain